南米コロンビア出身 奥山ヤリッザさんのお宅を訪問  (ホームステイ委員会主催)

●KIFAのフェスティバルで、素敵なサルサを披露してくださったヤリッザさんをご存知の方は多いのではないでしょうか。

   来日13年だそうです。当初は全く日本語が話せなかったヤリッザさん。ご主人が部屋にあいうえおの五十音表を貼ってくれたり、

  毎朝必ず1時間日本語を勉強したり、KIFAの日本語教室に通ったりして、今では日本語がとても上手になりました。

   今回は、そんな努力家で明るいヤリッザさんのお宅を訪問しました。

   ご主人手作りのガーデンテラスに集い、コロンビアの習慣や千絵さん(小4)の将来の夢なども聞いて、あっという間の3時間でした。

          

      福田とみ子委員長からお礼の一言            ヤリッザさんの手料理:レンズ豆の煮物、パタコン=グリーンバナナ料理、お肉、赤カブを使った料理等

                                         原田としこさん(ヤリッザさんのお友達)から:セベーチェというワインにとてもよく合う前菜の海鮮料理

 

      

   ホームステイ委員8名も一人一品持ち寄り        コロンビアカラー(黄、青、赤)の衣装でダンスを披露       サルサの先生でもあったヤリッザさん

 

 ・コロンビアの公用語はスペイン語。 ヤリッザさんの曽祖父はスペインからの移民だそうです。